勝手に予想1~愛されキャラのギレルモ監督

Anne(以下A)Ryokoさん、半魚人の映画が最多ノミネートという理由が気になって仕方がありません。「The Shape of Water(シェイプ・オブ・ウォーター)」が作品賞主演女優賞、監督賞、助演男優賞、助演女優賞、オリジナル脚本賞、作曲賞、撮影賞、衣装デザイン賞、美術デザイン賞、編集賞、音響編集賞、音響ミキシング賞13部門に選出され、スーパー注目されています。

shape3.jpg

観る前なので、勝手に作品への妄想がふくらんでしまいます。ギレルモ・デル・トロ監督を「Pacific Limパシフィック・リム)」初めて知った私としては、どんなSFアクションファンタジーのキャラ映画なのかと・・・。
Ryoko(以下R)ギレルモ監督と言ったら、思い出すのは2004年の「Helloboy(ヘル・ボーイ)」でしょう。この作品から彼に入った人と、「Pacific Limパシフィック・リム)」で入った人とでは、監督のイメージに大きいギャップはあるかも。
A え、そうなんですか。
R 「シェイプ・オブ・ウォーター」にしても「ヘルボーイ」にしてもそうだけど、社会的に弱い立場にいたり、不当な扱いを受けているような人たちに光を当てる作品が多いのがこの監督。マイノリティ、人とはちがう特性を持つ人が存在している社会の部分を描いている。人間の世界は、善悪はっきりしないことや白黒つけられないことも多い。そういう面を、作品に投影してくれている。
そして「シェイプ・オブウォーター」は口がきけない女性と、半魚人のラブストーリーなの!
A そうなんですね。前情報だけ先に読んで、だいぶ勘違いをしてました。がぜん観たくなりました。
R 監督賞は初ノミネートで

実はギレルモ監督は、今年のノミネート監督の中で1番愛されキャラ。

theshape2

しかも日本好きなの。

2018 Oscars Predictionsー勝手に予測Part 2