Star Wars: The Last Jedi

12月14日公開  レーティング=TBA

starwars_the_last_jedi©Disney
ルーカス・フィルムが2012年にディズニーに売却され、エピソード7にあたる2015年の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で新たな3部作が幕を開けた。舞台は帝国の崩壊30年後の世界。女戦士レイは、行方不明となったルーク・スカイウォーカーの居場所を示すデータが保存されたドロイドBB-8と出会う。ライトセーバーを手に入れフォースを覚醒させたレイは、元ストームトルーパーのフィンと共に、銀河系支配を企むレイア姫とハン・ソロの息子カイロ・レンに挑んだ。フォースを持ちながらダース・ベイダーに傾倒するカイロ・レンは、ダークサイドから抜け出せないのか。レンとルークは一体どういう関係なのか。新『スター・ウォーズ』のドラマの真髄が、明らかになる!

もう一言言いたい!

レイア役のキャリー・フィッシャーは、惜しくも本作完成前に心臓発作で他界、ファンを悲しみで包んだ。しかし、登場シーンの撮影は完了しており、彼女の功績にふさわしい描かれ方がされているということだ。