「オリエント急行殺人事件」の鍵はブギスに

11月30日公開の「MURDER ON THE ORIENT EXPRESS(原題)」の小道具レプリカがBugis Junction Mallで展示されている。
B1667183-0A1C-49E7-9F69-ED0AC3B28EE7アガサ・クリスティの名作ミステリーである本作、ケネス・ブラナーの製作・監督・主演、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファーら豪華キャストの共演で、1976年の実写化以来、41年ぶりに映画化された。
展示されているのは、刑事や容疑をかけられる乗客たちのパスポートやスーツケースなど、物語のアイコン的なアイテムだ。
4559228D-DDA6-4FCA-8C4D-EE4555914EA4トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行で、富豪ラチェットが刺殺された。教授、執事、伯爵、伯爵夫人、秘書、家庭教師、宣教師、未亡人、セールスマン、メイド、医者、公爵夫人という目的地以外は共通点のない乗客たちと車掌をあわせた13人が、殺人事件の容疑者となってしまう。そして、この列車に乗り合わせていた世界一の探偵エルキュール・ポアロは、列車内という動く密室で起こった事件の解決に挑む。主人公の名探偵ポアロ役をブラナー、事件の被害者ラチェット役をデップ、未亡人役をファイファーが演じるほか、教授役にウィレム・デフォー、家庭教師役にデイジー・リドリー、公爵夫人役にジュディ・デンチ、宣教師役にペネロペ・クルス。展示は12月3日まで。
(text: sg.eiga.life編集部)