Best of 2017 part 3

part 1part 2 part4

R おかえりなさい、という意味で最後の3つ目に挙げたいのが、「トレインスポッティング 2」。ほんとにおかえり、感動・・・・・・(しみじみ)。あるはずないと思っていた続編、まさか続きがあるなんて。

R  1作目があれほどの質、影響力を持つ作品だっただけに、ダニー・ボイル監督にとって続編は挑戦だったと思う。挑むなら勝たなきゃいけない。その気持ちの入りよう、

血反吐はいて作ったな、という感じをびしびし感じた。

 

R  5、6年前から、主演で製作にも携わっているユアン・マクレガーや監督たちが、続編製作を口にしてたのは知ってて。でも脚本がなかなか完成しないとかで、スムーズにいかなかったらしく。そんな状況を経ての公開だから、感慨深いなあ。

 

A メインキャストは前回同様なんですか?
R 主演も脇も、一緒。あの男の子たちがおっちゃんになってもまだいろいろやってる。エイジングの悲哀も出ていて、

切なさ通り過ぎて、愛。

 

A 愛・・・・・・。

R すべてにおいて作り手の思いや根性がにじみ出ていて、ノスタルジー色もあるんだけど、本気度は一貫してる。

くさって、トガッてる。

 

A ストーリーラインはどういう感じなんですか。

R 一度は成功した主人公が人生に敗れかけて故郷に帰ってきて、当時の友達と再会するんだけど、彼に対して好意的じゃない人がいる。そういうことも含んだどうしようもない人間関係が、そこにはまだある。そこがすごくたまらない!
カッコつけて帰ってきたのに、

 

カッコつける必要なんてない人間関係がそこにはあった。

 

A グッときます・・・・・・。

R 観終えた後、人生はがんばればどうにかなると信じていた当時の自分を思い出して切ないけど、

 

現実まみれのどうしようもない今後が控えている人生も悪くない、

 

そう思わせてくれた。希望も理想もない、情熱だけがある作りてたちの熱を感じられて・・・・・・。どうかお願い3作目も作って!

part 4へ続く

part 3 top

part 2

part 1