第91回アカデミー賞をシンガポールで予想する~万引き家族, 未来のミライ, ISLE OF DOGS, Green Book

91回アカデミー賞授賞式が、2月24日(現地時間・シンガポール時間は翌25日09:00スタート)にアメリカで開かれる。セレブレーションを観る味わいが10倍増す、チームsg.eiga.lifeによるノミネート作品のソフトレビューを、今年も裏情報を織り交ぜながらお届けする
R:Ryoko 日本で映画宣伝の仕事に約10年携わり、2006年にシンガポールへ。以来、フリーランスで映画批評やエンタメ記事の執筆、SNSの映画マーケティングなどを手がける。「生きているうちに、見るべき映画を見る」がモットー。
A:Anne ヨーロッパ作品ならではの心の機微の描き方、笑いの感覚がが特に好き。一方でIRONMAN(アイアマン)は不動のフェイバリット。東京の映画メディアや女性誌でのキャリアを経て、現在はシンガポールに。
日本を代表する是枝裕和監督もノミネート
R: 万引き家族は外国語映画部門でノミネート。獲ってほしいなあ。東京にいながらっそりと生きる人たちに焦点を当てていて、さすがという内容。
A: 世界に名を知られる日本人監督って数は多くない中、是枝監督はまちがいなく世界レベルの人だと感じます。

R: アニメ部門に未来のミライが入っているのも注目。細田守監督はオリジナル脚本でいいストーリーを作る人。ぜひ受賞してほしい。同部門に他のラインナップを観てみるとISLE OF DOGSが強敵かなと思うけれど、ストーリーラインを重視して考えたら、未来のミライだと思う。ちなみにシンガポール人の知り合いが両方観て、圧倒的に未来のミライが好きだと話してた。
isle.jpgA: ISLE OF DOGSのはウェス・アンダーソン監督の名もすでに有名で、ビジュアルが凝っている点でも魅力的。でもビジュアル面に重視した選定でなければ、受賞はしなさそうです。

エスニックを題材にした作品が多い

R: Green Book、Black Panther、BLACKkKLANSMANと、人種やエスニックをメインテーマに据えた作品が今年は多い。Black Pantherは賞をとるとしたら主演の彼が、黒人社会をはじめ広く絶賛されていたから、功労賞という意味合いで主演男優賞を獲る可能性はある。

A: Green Bookはあらすじを読んだ段階で、ぜったいわたしの好きな映画だと確信しました。直近のマストゴームービーです。

R: BLACKkKLANSMANもすごく’おもしろそう。シンガポールでやるのかな。バディもので、大人の男性に特に支持されそう。デンゼル・ワシントンの実の息子が主役を演じているのが見たさ度合を上げる。
et.jpgA: では、最後にこれだけは言っておきたい、ということがあればどうぞ。
R: 1人、触れておきたい人がいて。At Erernity Gateのウィレム・デフォー。かつて何度かアカデミー賞にノミネートされていて、なかなか賞を獲れずにいる役者さんなの。とりわけ有名なのがPLATOONでの助演男優賞ノミネート。ラース・フォン・トリアーのAntichristでの演技もすばらしかった。そういう意味で彼に主演男優賞を獲ってほしいという気持ちも・・・。でもむずかしいかな。
A: なんども引っかかっている人には、情がわいちゃいますね。そこも注目して、発表を楽しみに待ちたいと思います。

1: 第91回アカデミー賞をシンガポールで予想する~ROMA, Bohemian Rhapsody
2: 第91回アカデミー賞をシンガポールで予想する~VICE, A STAR IS BORN, The Favourite