シンガポール初心者がやりがちなミス 3

conve rsation
3 英語がいつでも通じる、と思う
公用語は英語、というのは事実。
けれどオリジナルの単語や言い回しを豊富に持ち、文法も教科書通りの英語が用いられていないことが多々ある。
アメリカ人やイギリス人の友人たちが「何を言ってるかわからない」
とこぼしているのをたまにみかける。
もちろん、基本的にコミュニケーションは英語で問題ない。
あともし別の“英語が通じないシチュエーション”を挙げるとすれば、
英語教育を受けていない世代と接する場だろう。中国語で暮らしている年配の人たちは結構いる。