ジュエリーデザイン&ビジネスが学べる学校設立

シンガポール・マネージメントディベロップメント・インスティテュートが、ジュエリーデザインと経営を学べるインターナショナルスクール「JDMSJewellery Design and Management International School)」を設立した。学長兼ディレクターのTanja Sadow氏は、4ヶ国で30年以上にわたりジュエリービジネスの指導者としての経験を持つ人物だ。
カリキュラムはファインジュエリーデザイン、貴金属アート、ファッションジュエリーアートの学位が取れるコースや、経営学を含む各分野のサーティフィケートコースなど。
シンガポールには、宝石で着飾ることを強く好む人種も多い。とりわけインド系やチャイニーズ系の人たちは、日本人よりも積極的に親しんでいる印象がある。
また一方で、この国は富裕層も多く住む土地だ。ここにジュエリーの学校を作るのは、教育ビジネス的見地からみても手堅そうだ。
場所はウエストエリアのMRT Commonwealth駅とQueenstown駅の間あたり。