人生を謳歌する喜びを―Mamma Mia! Here We Go Again

ポジティブな気持ちであふれた作品。生きる活力や、人それぞれの道の選び方にについてヒントをくれる。
mamma2.jpg
ストーリーは前作の主役・母親ドナ(メリル・ストリープ)の若き日を描くシーンと、現在の娘(アマンダ・セイフライド)たちの暮らしを行き来しながら進んでいく。若きドナがなぜこの島でホテルを開くに至ったか、どんな恋愛をしたのか、何を愛して暮らしていたのか。彼女の心模様をじっくり描き出している。

大学を卒業し、次はどこへ行こうかと思ったドナ(リリー・ジェイムス)は、感性に素直に従って進んでいく。無謀にも見えるし、常識外れともいえる。だが、生きる目的は本来こういう態度なのではないかと自問自答させらる。

男女が出会い急速に恋に落ちる。世間体やモラルといった点は置いておいて、人が出会い命が誕生することはそれだけですごいことなのだとも訴えかける。自然に魅了されるわくわく感、音楽と心がひとつになる感覚、人生を謳歌する喜びをクリーンで体感できる映画だ。

mamma1前作のことをすっかりわ忘れて観始めたが、徐々に思い出しつつ充分楽しめた。が、多分完全に復習してから鑑賞するのが理想だろう