シンガポールのドン・キホーテ1〜日本のジューシーな唐揚げに感涙

日本食が気軽に手に入るシンガポールとよく言われるが、“真の日本庶民の味”を再現している店は多くない。
理由は、レストランなどの場合ローカル民たちにも味やメニューが受けないと集客できないため、程度の差はあれ各店が味をローカライズさせているためだ。これは、ビジネスとしては当たり前だろう。
高いレストランに関しては、言うまでもなく“庶民の味”は提供していない。
日本の品を扱うスーパーマーケットなどでも、庶民ではなく、割と“リッチめ”狙いの食品が多いため、庶民メニューの種類は大分限られている。
日本人ではないシェフが手がける日本食屋も多数あるが、やはりリアルな庶民の味は出せていないという印象。
そんな中、まさかドン・キホーテでリアルな庶民の味と出会えるとは。
“普通の唐揚げ”“普通の焼き鮭”“普通の焼き鳥”“普通のおひたし”が、実に嬉しい。
寿司や刺身だって、“日本の庶民スーパーマーケットで買えるあの味”だ。

ちなみにシンガポールではDON DON DONKIの名で通っている。

→2に続く