Little Indiaで異彩を放つ、ヒーローだらけのカフェ

シンガポールにある、映画とゆかりあるカフェやレストランを紹介するシリーズ。作品を観たことがあるないに関わらず、気になって仕方ない店をピックアップしてみた。
1 Hungry Heroes
国内で初めて映画を大々的にコンセプトに掲げたカフェが、「Hungry Heroes」だ。Little Indiaというインドの雰囲気満点のエリアで異彩を放つこの店は、店内いたるところでヒーローグッズを鑑賞できる。
なんと言っても目を引くのが、そびえ立つかのような大きなヒーローフィギュア。食事中、見守られていると感じるか、見張られていると感じるかは、自分の心持ち次第。日頃の行いがよいなら、きっと心地よく過ごせるだろう。
ちなみにヒーローアイテムやポスターは、25年もの月日をかけて少しずつ増えていったのだそう。一つひとつに、きっと店主の思い入れがあるに違いない。
ウェスタンフードを提供しており、看板メニューは「Meat Fury’s BBQ Pork Ribs」。“Fury=激怒、激しさ”というネーミングから燃え盛った料理を想像しそうだが、これは肉好きならかぶりつきたいボリューム満点の一品だ。自家製バーベキューソースでマリネしたベビーポークを、じっくりと火を通して柔らかく焼き上げている。
壁に立ち向かう局面にいる人は、迷わずこれを注文を。エナジーチャージして、ぜひ突破してほしい。
Hungry Heroes