メジャーシネコンGVは香港とオーストラリアの合弁企業

シンガポール在住者なら誰もが知っているであろうシネマコンプレックスのひとつ、Golden Village。“GV”の呼称で親しまれる、街中至るところで目にすることができるチェーンだ。

香港とオーストラリア企業のジョイントベンチャー

実はこのGolden Villageは、香港のOrange Sky Golden HarvestとオーストラリアのVillage Roadshowのジョイントベンチャーである。1992年にシンガポール最大規模のシネマチェーンとして1号目をオープンした。
現在は国内の13ヶ所に施設があり、2018年にもう一つ、2020年にさらに一つオープンすることが予定されている。

ブルース・リーを世に知らしめたGolden Harvest

ちなみに1970年設立のOrange Sky Golden Harvestは、前身はGolden Harvestの名前であり、ブルース・リーの才能を世に広めた企業としても知られている。彼の作品を国内だけでなく海外へも多数送り出し、香港の映画界トップに躍り出た。また後にジャッキー・チェンやジェット・リーといったスターたちの作品も手がけるようになった。

ドライブインシネマから巨大企業へ成長したVillage Roadshow

一方のVillage Roadshowはというと、シネマだけでなくテーマパーク、映画制作会社、配給会社まで擁する1954年創設の企業だ。オーストラリア初のドライブインシネマとしてMelbourneで生まれ後、M&Aなども重ねながら成長した一大組織である。