四季を体験できるアートに触れよう

8回目を迎えた毎年恒例の家族向けエキシビションが、Singapore Art Museum のSAM at 8Qで8月26日まで開催中だ。
©︎Mayuko Kanazawa
「Imaginarium : Into the Space of Time」は、記憶と未来を形作る物語と理論を探求するアート作品が集められている。インタラクティブな体験型作品を通じて、時間の概念を学べる内容だ。

©︎Mayuko Kanazawa
参加アーティストは日本人のMayuko Kanazawaをはじめ、オランダやオーストラリア、インドネシア、シンガポールなど10カ国から。
Mayuko Kanazawaの「Utsuroi Iroha」は日本の四季の移り変わりをテーマとしており、気温やそれに伴って起こる自然のうつろいが、日本文化や人々の心にどう影響しているかを体感できる。シンガポールの常夏を忘れ春夏秋冬に浸りたい人は、足を運んでみてほしい。
SAM at 8Qの情報ページ