沖縄とシンガポールが舞台、食とハートのレシピ「Jimami Tofu」

37th Hawaii International Film Festivalでワールドプレミア上映され、観客賞を受賞した「Jimami Tofu」。ジーマーミ豆腐とは沖縄料理のひとつで、プルプル&もっちりとした食感と、ピーナッツの香ばしい香りと甘みが魅力の豆腐だ。「ジーマーミ」は地豆を意味する沖縄方言でピーナッツのことを指し、地域によっては「ジーマミー」と呼ぶこともある。そんな料理の名をタイトルに掲げた作品を今回はご紹介したい。
jimami2
©BananaMana Films
舞台は沖縄とシンガポール。を軸に展開されるラブストーリーで、シンガポール人シェフで沖縄料理に魅了されていく男と、料理評論家の日本人女性の物語だ。
素朴な伝統料理から洗練された現代料理、そして息を呑む美しさの沖縄の緑や海が堪能でき、全体を包むシンガポール人監督ならではの演出が印象的。
食事と人生がどれほど深い関係にあるか改めて実感させてくれ、同時に伝統を受け継ぐレシピが持つ、魔法のような力まで感じさせてくれる。
沖縄とシンガポールをつなぐ貴重な本作品。現在劇場公開日未定だが、近い将来広くお披露目されることを期待したい。