レーティング

シンガポールの映画レーティング区分

  • GGeneral(全年齢層が鑑賞可能)
  • PGParental Guidance(概ね全年齢層が鑑賞可能だが、保護者の助言・指導の必要あり)
  • PG13Parental Guidance for Children below 1313歳以上鑑賞可能。13歳未満の年少者は、保護者の助言・指導の必要あり)
  • NC16No Children below 16 years of age16歳以上に限り鑑賞可能)
  • M18Mature 18, for persons 18 years and above 18歳以上に限り鑑賞可能)
  • R21Restricted to persons 21 years and above21歳以上に限り鑑賞可能)
(2018年1月現在)

レーティングの判断基準は、「テーマ」「暴力」「ヌード」「性描写」「過激なセリフ」「ドラッグ」「ホラー」。殺戮シーンや麻薬使用や売春、過激な性行為、ホモセクシュアリティなどの描写を含む映画は、NC16M18R21いずれかのレーティングを受けることが多い。

レーティング審査は、シンガポール政府のメディア開発庁のフィルム・コミッションにより行われる。決定するのが劇場公開寸前になることが多く、それまではTBATo Be Advised=後日発表)と表示されているので、劇場に行く直前に確認する必要がある。